スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紫外線対策!日焼けした後のケア

大自然の力、ナチュラルパワーでメタボリック対策を!
プリフィクサー400
90日健康生活プロジェクト!

紫外線対策として紫外線を長時間浴びてしまい日焼けてしまったらまず冷やすことを必ず実行してください。 肌が真っ赤になるほど日焼けをしてしまった場合、保冷剤や冷したタオルなどを肌に当て、ほてりをしずめてください。当日の入浴やお酒は控えることも大切です。色素沈着を防ぐ効果があるビタミンCを摂取するのもお忘れなく。

紫外線対策として紫外線を浴びないように、外出時には日焼けを予防する服装を心がけることも大切です。日焼けを防ぐ服装とは、洋服なら袖や襟のあるもので肌の露出をできるだけ少なくしましょう。紫外線カット効果があるものは、白い生地よりも色のついたものが優れています。帽子の場合は、全体につばのあるものが良いでしょう。日傘を低めに差すのも効果的です。

紫外線は現在地球規模の環境問題と密接に関わっています。オゾン層がフロンガスなどの影響で破壊されていることは周知のことだと思いまが、オゾンホールはフロンガスが禁止された今でも、年々広がっているという研究結果が出ています。オゾンは大気中では微量な存在に過ぎませんが、太陽から放射される紫外線の大部分を吸収し、地上にほとんど紫外線を到達させない役割をしてくれているのです。

南極圏でのオゾンホールは、オーストラリアやニュージーランドの南部にまで広がってきています。そのため、この地域での紫外線の威力は、帽子をかぶらないと肌が荒れてしまうほど強烈であるといわれており、人類の健康に無視できない影響を及ぼすようになっています。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

草野店長

Author:草野店長
紫外線対策はこれから暑くなる夏には非常に大切です。紫外線対策をしっかりしてお肌の健康を保ちましょう。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。